お知らせ

最近の投稿

2021/08/06 『地球環境保全論』(創元社)の最新版が発行されました
2021/08/06 気象庁の生物季節観測に関する意見記事が学術雑誌に掲載されました
2021/08/06 朝日新聞の言論サイト「論座」にCity Nature Challenge 2021-Tokyoに関する記事が寄稿されました!
2021/05/20 CNC 2021-Tokyo:世界の結果が公開されました!
2021/05/04 City Nature Challenge 2021へのご参加ありがとうございました! 残りの6日間で同定作業です!

 


各BDAや小堀代表理事が関連した書籍や記事が発表されています!

BDAや小堀代表理事が関係した書籍や記事が3つ発表されました。
朝日新聞社の言論サイト「論座」には、立命館大学の桜井良准教授が寄稿された「City Nature Challenge: CNC」に関する寄稿記事が掲載されました(2021年7月26日付)。
小堀代表理事は、今後も日本が世界クラスのフェノロジーネットワークを維持できるように、温暖化と生物季節の共同研究者と共に、生物季節観測の国際的な重要性についてEditorialに記事を投稿しました。
和田武編著・小堀洋美著の『地球環境保全論』(創元社)の最新版が,2021年に発行されました。小堀代表理事は第7章を執筆担当しています。

詳しくは各リンクをご覧ください.

『地球環境保全論』(創元社)の最新版が発行されました
気象庁の生物季節観測に関する意見記事が学術雑誌に掲載されました
朝日新聞の言論サイト「論座」にCity Nature Challenge 2021-Tokyoに関する記事が寄稿されました!

 
 


CNC 2021-Tokyo:世界の結果が公開されました!

CNC2021は、4月30日から5月9日の10日間にわたって、世界の参加都市で同時に開催されました。最初の4日間はスマートフォンを用いて野外で生物を観察・投稿し、残りの6日間は観察された種を同定する作業が行われました。CNCの実施本部であるロサンゼルス自然史博物館とカリフォルニア・アカデミーオブサイエンス(California Academy of Science)より、各都市の結果が届きましたので、その概要をお知らせします。

詳しくはこちらのページをご覧ください。