【第23回市民科学研究会】マイクロプラスチックから市民科学を考える

*台風による延期を受けて12月に実施することになりました。また教室が変更となっていますので、ご確認ください。
 

*当日について:下記誘導に従ってお集りください.

 
◆日時: 2019(令和元)年12月15日(日) 14:00~17:00
◆会場: 東京都市大学 横浜キャンパス 3号館1階 31E実験室
◆対象: 生物多様性アカデミー会員 / 非会員初回参加 / 学生は無料 (非会員2回目以降の参加の場合は生物多様性アカデミーへの加入をお願いしております)

 
第23回目の市民科学研究会では、最近話題となったマイクロプラスチックを取り上げます。私たちが普段利用しているプラスチックは、正しく処理されないと風化を経て小さなゴミとなります。このマイクロプラスチックが河川や海洋に蓄積して生態系に悪影響を及ぼすため、近年問題視されるようになりました。G7での国際的な議論や米国スターバックスのストロー廃止などといった大々的な取り組みは記憶に新しいものです。今回の市民科学研究会では、行政や大手企業ではなく、市民の立場からマイクロプラスチックの問題に取り組んでいる研究者の方より事例を紹介していただき、市民科学とマイクロプラスチックについて広く議論し理解を深めましょう。
ふるってご参加ください。

 

詳細は【第23回市民科学研究会開催案内】をご覧ください.