お知らせ

CNC2020-Tokyo:種の同定作業をありがとう! 観察記録の同定率はなんと78%!

コロナウイルスによるパンデミックにより多くの都市で外出制限などがある中、今年のCity Nature Challenge(CNC)2020には世界の40か国の224都市が参加しました。4月24日から27日までの4日間に投稿された動植物の観察記録の種の同定作業は、4月28日から5月3日の6日間、世界で一斉に行いました。
CNC2020-Tokyoのプロジェクトに投稿された観察記録の同定作業には、投稿者と世界のiNaruralisのメンバーの合計72名にご参加いただきました。その結果、投稿された1138の観察記録の実に78%が研究レベルにランクされる素晴らしい結果となりました。今年は参加都市の多くがコロナの影響を受け、同じ条件で行うことができませんでしたので、都市間で参加者数、観察数、同定率などを楽しく競うことはしませんでした。しかし、東京の同定率は244の参加都市の中で3位となりました。このような高い同定率が達成できたのは、同定が容易な優れた写真を投稿いただいたことと同定者の努力の賜物と思います。改めて、写真の投稿と同定に参加くださいました皆様にお礼を申し上げます。
日本では、今年は、東京以外で初めて、福岡県福津市と岐阜県下呂市が参加され、日本でも参加の輪が広がっていることは嬉しいことです。来年は、青空の下、皆様の笑顔に出会え、日本と世界の都市がつながり、楽しく競えることを願っています。

〇結果報告の詳細は,こちらのページをご覧ください.
 
〇CNC2020-Tokyoに関する情報については,こちらのページをご覧ください.

 
 


第24回市民科学研究会<延期のお知らせ>

2020年4月12日(日)に予定しておりました第24回市民科学研究会「SDGsを市民科学で活かす」は,新型コロナウイルスの蔓延防止のため,延期とさせていただきます.開催時期については現時点で未定です.ご参加を予定されていた皆様にはご迷惑をおかけし申し訳ありません.ご理解・ご協力をお願いします.

SDGs(世界を変えるための17の目標で掲げられている世界共通の課題は、複合的な原因によって生じており、その解決のためには複数の解決策が相互作用しながら問題に対応できる、新たな「多くの人と組織がつながるソーシャル・プロジェクト」が求められています。市民科学は、そのためのプロジェクトの一つであり、その多くの市民と組織の連携は、SDGsの課題解決にも活かせる高いポテンシャルがあります。今回はSDGsの理論と実践の第一人者の佐藤教授を講師にお迎えし、ワークショップでは、市民科学とSDGsのシナジー効果による課題解決について皆さんの経験、悩み、アイデア、夢を語っていただき、共有する予定です。

〇詳細は,こちらのページをご覧ください.