お知らせ

第24回市民科学研究会開催のお知らせ

2020年4月12日(日)に,第24回市民科学研究会「SDGsを市民科学で活かす」を実施します.

SDGs(世界を変えるための17の目標で掲げられている世界共通の課題は、複合的な原因によって生じており、その解決のためには複数の解決策が相互作用しながら問題に対応できる、新たな「多くの人と組織がつながるソーシャル・プロジェクト」が求められています。市民科学は、そのためのプロジェクトの一つであり、その多くの市民と組織の連携は、SDGsの課題解決にも活かせる高いポテンシャルがあります。今回はSDGsの理論と実践の第一人者の佐藤教授を講師にお迎えし、ワークショップでは、市民科学とSDGsのシナジー効果による課題解決について皆さんの経験、悩み、アイデア、夢を語っていただき、共有する予定です。
ふるってご参加ください。

詳細は,こちらのページをご覧ください.

新型コロナウイルスに関して,本イベントの開催については,東京都市大学の規定に基づいて決定いたします.イベントを中止する際には,(一社)生物多様性アカデミーほか,東京都市大学夢キャンパスの各ウェブサイト,会員へのメール等でお知らせします.開催日まで,これらの情報を確認していただきますようお願いします.

 
 


第23回市民科学研究会を開催しました

2019年12月15日(日)に,第23回市民科学研究会「マイクロプラスチックから市民科学を考える」を開催しました.

研究会は,最初に開催挨拶に代えて生物多様性アカデミー代表の小堀洋美氏(東京都市大学特別教授)より市民科学の最新情報の共有があり,その後マイクロプラスチックやプラスチックごみを市民科学として取り組んできた実践事例をもととした講演,パネルディスカッション,ワークショップが行われました.30名ほどの皆様に参加していただき,マイクロプラスチックやプラスチックゴミについて,市民科学プロジェクトについて耳を傾け,ワークショップでは実験を楽しまれているようでした.

多くの方々に参加していただきました

実験中のようす

詳細はこちらのページをご覧ください.